RSS
 

Archive for the ‘震災関連’ Category

放射性物質の影響 なお続く

14 9月

先週、岩手県某所に出張した。当地は東京電力福島第一原発から直線距離で約170kmと比較的離れているものの、放射性物質のホットスポットとして今なお農業経営者は苦しめられている。

あらかじめ、本記事を書くにあたってお断りしておきたいことは、同地がホットスポットであることと出荷される食品の安全性に相関はないということ。筆者の見聞きしたことは酪農に関することだが、生乳はきちんと検査されており、問題ない製品として流通しているからだ。

当地で酪農を営むAさんは、これまで放牧を経営に取り入れるなど草地型の酪農を続けてきた。今回の原発事故によって、その経営理念は覆されることになり、ご本人のモチベーションは格段に下がっていた。
1番草(1回目に刈り取る牧草)は乳牛に給与できる基準を超え、使うことはできなかった。当然、放牧もできない。2番草(2回目に刈り取る牧草)も同様に給与できず。3番草(以下、同)も基準値を超え、使うことができないという。
Aさんの周囲の地域では、次々と利用制限が解除され、放射性物質のレベルは落ちた。しかし、Aさんの地域は下がらない。
「来年はどうだろうか…」と悩むAさんに「大丈夫だよ」とは声をかけられなかった。

それでも、Aさんには全国に酪農の仲間がいて、彼らがAさんの支えになった。牧草の利用制限がかかったことで、近隣の県で酪農を営むBさんが、自分で育てた牧草を一部融通してくれたという。
また、近所の農家も昨年刈り取った牧草を融通してくれたという。震災後、とくに目につく言葉で、使われすぎた感があるが、「絆」がはっきりとそこにあった。

Aさんたちは、9月末に東電に賠償請求をする。自分の牧草が使えなかったことによる代替えの購入飼料費などが賠償請求対象だ。これまでAさんは自身の貯蓄からそれらをねん出していた。
「賠償までの資金繰りのため融資の話もあるが、請求額がそのまま支払われるか不透明。だから金は借りられない」と本音を話す。

目に見えず、においもせず、刺激すら感じない敵「放射性物質」との戦いは、まだまだ続く。



 
 

原発作業員はどうやって食事をするのか?

14 9月

Webでニュースを斜め読みしていたら、憤りを覚えるニュースを見つけた

東京電力が福島原発作業員の食事無償提供を打ち切り / ボーナス出るのに理解不能との声も

記事によると、これまで無償提供されていた作業員の食事(レトルトカレーなど)が打ち切られるとのこと。今後はJビレッジで飲食物を購入しなければならない。
福島第一原発周辺は、事故後、モノを買える状況にはないはず。弁当などのデリバリーサービスもないだろう。
原発作業員の送り込みに際して、中間業者の中抜きも指摘されており、作業員の給料は低いとも聞く。
自らの危険を省みず作業にあたる作業員に対して、これほどの非礼はないだろう。

一方で報道によれば、東電が2015年までを目安に15%程度の電気料金の値上げを検討しており、その後は社員の賞与レベルも元に戻す考えを示しているという。
もちろん、社員には社員の暮らしがあるし、それを反故にすることはできないことはわかる。それでも、次々と報道される「東電体質」を見ると、常人に理解しがたいものがある。

さて、今回の作業員への待遇改悪が、作業員のモチベーションを下げ、復旧の遅れや間違っても事故につながらないことを願うばかりだ。

 
 

4月1日以降は西武線が通常運転

31 3月

西武鉄道が本日9:00、4月1日以降の運行予定について発表した。
これによると、西武新宿線、西武池袋線ともに、平日は通常運転を再開する。
特急列車は平日は運休するが、これで通勤アクセスも少し改善するかな?

 
 

計画停電

30 3月

東京電力福島第一原発の事故処理が思うように進まないなか、夏場の電力需給に赤信号が灯っている。
今日、東京電力の会長は第一原発の1~4号炉の廃炉について言及。5号炉、6号炉は使うのか! とツッコミたいところだが、いずれにしても供給量は大幅に需要を下回るだろうことは想像に難くない。

さて、計画停電の平日2日連続中止は、対象地域のみんさんにとって朗報だろう。
この計画停電、いろいろな方面から不公平感を聞く。当地、東村山でも一部地域のみが実質的な計画停電対象エリアであることがわかった。筆者の居住地域は対象外。対象地区の方々にはもうしわけない。

今日、某大手乳業会社の方と会談し、工場の操業について聞いた。計画停電の影響が深刻で生産計画が立てられないとの嘆き。
牛乳乳製品は品質保持のため、温度管理が不可欠。安全な製品供給のためにも、ぜひ電気がほしいところだ。
しかし、そう思うのは、こちらに近い業界にいるから。誰も自分の関係する業界には、安定した電力供給を望みたいだろう。

自動車業界では電力供給を考慮して輪番操業を決めた。
今は、業界を超えて、操業時間や電力使用の分散を考える時期なのかもしれない。
そして、「電気を買う」から「電気を賄う」へのシフトが迫られるだろう。

 
 

西武鉄道3月16日の運行予定

15 3月

西武鉄道の3月16日の運行予定が発表されました。

3月15日21:30

↓↓以下、西武鉄道ホームページより転載↓↓

◎ 3月16日(水)の運行【初電から11時30分頃まで】

 ・運行(初電車~11:30頃まで)
  
  池袋線 西武秩父線 豊島線 狭山線 新宿線 西武園線 国分寺線 拝島線 多摩湖線 多摩川線
  (以上10路線の各全線) ※すべて各駅停車

  ※運転本数は平日ダイヤに比べて4割程度となり、大変な混雑が予想されます。
    時差通勤通学へのご協力をお願いいたします。また、駅構内・電車内の混雑や遅延につきましてご理解賜りますよう、
    お願い申し上げます。
  ※計画停電の状況により、運行が変わることがあります。
  ※保守車両を運行することがありますので、運休区間につきましてはお客さまの安全を確保するため、線路内への立ち入りは
    固くお断りします。
  ※他社線への振替乗車は実施しておりません。
  ※東京メトロとの直通運転は実施しておりません。

 ・運休(終日)

  西武有楽町線 山口線(以上2路線の各全線)
  ※特急レッドアロー号は池袋線・西武秩父線・新宿線とも運休いたします。

 
 

西武鉄道の運行(3月15日11:30発表)

15 3月

3月14日より始まりました計画停電の影響で、各鉄道は運休や運行本数調整などを行なっております。
東村山をはじめ、西武鉄道利用者のために、西武鉄道の運行に関して同社HP公表資料を転載させていただきます。
本日の帰宅のご参考まで。

3月15日:11:30発表

↓↓以下、西武鉄道ホームページより転載↓↓

 当社では、現在行われている東京電力による計画停電において、当社の特定区間に対して
電力の供給を行うとの連絡を受け、本日正午頃より順次、運行区間を以下の通り拡大し、
変更させていただきます。
 なお、運行区間につきましては、本数を大幅に減らしての運行となりますので、
ご注意下さい。
 また、特急レッドアローにつきましては、終日運休いたします。
 
 お客さまには度々の変更で大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 詳細は下記のとおりです。

運行時間 終日
・池袋線:池袋~小手指
・豊島線:練馬~豊島園 
・狭山線:西所沢~西武球場前
・新宿線:西武新宿~上石神井

※上記区間以外につきましては終日運休いたします。
※計画停電の状況により、運行が変わることがあります。
※保守車両を運行することがありますので、運休区間につきましてもお客さまの安全を確保するため、
線路内への立入りは固くお断りします。

 本日3月15日(火)の運行につきましては、昨日発表させていただきました通り、お客さまの安全の確保等、
様々な角度から検討し、始発から運行区間を一部に限定して対応させていただいておりましたが、
東京電力の計画停電において、当社に対して使用電力を抑制することを条件に特定区間へ電力の供給を行うとの
連絡を受け、上記の運行体制に変更させていただきます。今後につきましても、電力の供給の状況等により変更が
生じた場合には都度お知らせさせていただきます。
 今後も西武鉄道は、使用電力の抑制を最大限実行し、お客さまへの安全・安心を確保した安定的な輸送に努めてまいります。